記事一覧
メルマガ「共創コーチング®」稲垣 陽子

【共創コーチング®︎コラム】対話に役立つ要約スキルとは?

おはようございます。稲垣陽子です。

今日はコーチングスキルの一つである「要約」スキルについてお伝えします。

要点を短くまとめて返す「要約」のスキル

要約スキルとは相手が話した要点を短くまとめて返すことです。

相手が話した内容を「つまり~ですね」とまとめて返したり、相手が「~でつらかったんです。」と言ったとしたら「つらかったんですね」と主な感情やキーワードとなる言葉をそのまま繰り返して返す、おうむ返しも要約になることもあります。

聞くスキルの応用のようにも思われますが、この要約スキルが対話の中であるかないかで実は相手の話す量や気づきに大きな差が出ることもあるほどの、とっても大切なスキルなのです。

要約スキルを使うメリットは大きく二つあります。

要約スキルを使う二つのメリット

1、クライアントのリフレクション(内省)を起こす

一つ目は相手にリフレクション(内省)を起こすことができることです。

例えば、誰かに向かって自分のことを話す機会があったとします。多くの人は考えながら言葉を紡ぐように話していくので、自分は何が言いたいのかはっきり理解して話している人はそれほど多くはいないのではと思います。

そんな時に「つまり~と思っているんですね」と自分が話した要点やキーワードを伝えてもらうと、「そうか自分はそんなこと思っていたんだな」と、自分自身を振り返ることができます。

振り返ることで、新たな「気づき」が生まれます。

つまり、奇抜な質問やフィードバックをしなくても、相手の鏡となり、要約して返すだけで「気づき」が生まれるのです。

2、お互いを理解しつながる

二つ目は相手とのつながりを深めることです。

ただ、「うん、うん」だけの相づちで話を聞いてもらうよりも、要所要所で「~ということですね」と、要約が入ることで、相手にとっては「きちんと聞いてもらっているな」という安心感が生まれます。安心感があれば、自然と話もはずみますよね。

また、要約することで話の方向性も確認でき、お互いの思い込みのずれを解消することができます。相手の話を聞きながら、きっと相手はこう思っているんだろう、と予測しながら話を聞くことってありませんか?しかし、その思い込みは微妙にずれていることが実はよくあります。

適時に要約を入れることで、その思い込みが修正され、きちんと相手を理解し、つながりながら対話を繰り広げることができます。

要約スキルが身につくことで、聞き役が話を進めなきゃとか、気の利いた質問をしなくては、という呪縛から開放されることでしょう。

いかがですか?今週は要約スキルのメリットについてお伝えしました。ぜひ試しみてください。

次の私のメルマガでは、要約スキルのポイントについてお伝えしますね。

では、素敵な1週間をお過ごしください。

 

※上記のコラムは、当社発行メルマガに掲載されたバックナンバーです。
下記のバナーから登録いただけば、毎週月曜日朝8時に、このようなコラムが届きます。
意識をもって一週間を始めることができます。

【共創コーチング®︎コラム】共創で、世界を満たそう
一覧に戻る
【共創コーチング®︎コラム】マスク下のコミュニケーションで知っておきたい4つのコツ
研修と教育でリーダーを育成する【共創コーチング】
© 2016 Coaching Systems Inc.