記事一覧
メルマガ「共創コーチング®」稲垣 陽子

【共創コーチング®コラム】目標を振り返る10の質問

おはようございます。稲垣陽子です。

2019年がスタートしましたね。いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、1年のスタートに目標を設定する人は多いでしょう。

しかし、1年後までそれを覚えていて、達成されることはなかなか難しくはないですか?

実際に、アメリカのペンシルバニア州にあるスクラントン大学が、新年に立てた目標設定を年末に達成したかどうか、その達成率を調査したところ、達成率は8%だったそうです。

さらにいうと、最初の1週間で4分の1である25%は脱落するそうです。

1週間、あ、まさに今日ですね・・。

ということで、今日は新年設定した目標を振り返ってみましょう。
目標がまだの方は、まずは設定してみて、それを振り返ってみてください。

 

振り返るポイントは、今回は
「理性」と「感性」の二つの視点の質問で振り返ってみたいと思います。

なぜなら、実現に向けて実行していくためにはどちらの力も必要なんですね。

 

「理性的な質問」は、
ここでは、知性を持って論理や理屈で思考する質問とします。

1、その目標を達成するメリットはなんですか?3つあげてください
2、その目標を達成するデメリットはなんですか?3つあげてください
3、目標を実行に移す際にハードルになることはなんですか?
4、そのハードルを越えるために、具体的にできることは何ですか?

 

続いて「感性的な質問」です。
ここでは、感情や想像にフォーカスする、抽象的な質問とします。

5、その目標を見るとどんな気持ちになりますか?
6、目標について楽しみに感じるところはどこですか?
7、目標について不安(ストレス)に感じるところはどこですか?
8、直感的に、その目標は達成できそうですか?できるとしたら(できないとしたら)なぜそう思いますか?
9、あなたは何のためにその目標を実現したいのですか?それはあなたの本当にやりたいことですか?

 

そして、最後です。

10、今年はその目標でいきますか?

 

いかがでしょうか?

人によっては、新年の気合いに乗せて、目標が高すぎた人もいるかもしれません。
それならば、少し数値を下げて、確実に実行できる目標に修正することもありです。

あるいは、目標が凡庸で退屈に感じた人は、目標が低すぎる、あるいはずれているのかもしれません。

微動修正しながら、しっくりくる目標を設定してみてくださいね。

 

今年も皆さんにとって素晴らしい一年になりますように、
心よりお祈り申し上げます。

 

※上記のコラムは、当社発行メルマガに掲載されたバックナンバーです。下記のバナーから登録いただけば、毎週月曜日朝8時に、このようなコラムが届きます。意識をもって一週間を始めることができます。

【共創コーチング®コラム】目標を設定をする意味
一覧に戻る
【共創コーチング®コラム】2018年を振り返る
研修と教育でリーダーを育成する【共創コーチング】
© 2016 Coaching Systems Inc.