言いづらいことをサラリと伝える技術

調整力の実例〜アメリカのコーチから学んだこと〜

おはようございます。稲垣陽子です。

先週は1週間、アメリカへ視察と研修に行ってきました。
目的は二つあり、

一つは、外資系のクライアント企業さんの
アメリカ本社を訪問し、交流してくること。
そして、アメリカ本社が採用しているコーチと会談をしてくることでした。

二つ目は、コーチングの世界的な組織である、
国際コーチ連盟のカンファレンスに参加してくることでした。

今日は、一つ目のコーチとの会談で気づいたことをお伝えします。

クライアント企業さんでは、
本社でコーチを雇っており、今まで一度も会ったことはなかったのですが、
一度コーチングの方針や方向性について会って話したいと思っていました。

今回、ようやく念願が叶ってお会いさせていただくこととなりました。

コーチはワターソンさんという男性で、年齢は正式にわかりませんが、70歳は優に超えていると思います。

オフィスは、オハイオ州の地方都市の中にあり、
日本の避暑地のようなおしゃれな店と広々とした公園がある、緑豊かな街の一角にありました。

まずオフィスに到着すると、すでに玄関口で待っていてくれて、
穏やかな口調で「よく来たね〜」とウェルカムをしてくれました。

そして、カタカナで自分の名前と会社名が書いてある、
日本語の名刺を渡してくれたのです!これにはすごく感動しました。

もちろん、日本と関係の深い仕事をしている方であれば、
欧米人で日本語の名刺を作っている人は多いと思います。

しかし、ワターソンさんは日系企業専属のコーチという訳ではありません。

活動はヨーロッパ、南米、オーストラリア、などグローバルに行っています。

また、私のクライアント企業もアメリカ主体であり、英語がスタンダードです。

英語を公用語とする人たちが集まっています。
実際に、本社のお会いした方の中で、日本語の名刺を持っている人は一人もいませんでした。

その中で、しかも外部のコーチがクライアントのために日本語の名刺を用意している。

その姿勢に私はとても感動したし、心を掴まれました!

アメリカと日本、本社と支社、という関係であれば、主体はアメリカであり、本社にあります。
主体側は自分の方に合わせさせようとするのが普通です。

多くの人は自分が基準だと思っています。
無意識ですが、自分たちが基準であるので、周りはそこまで理解できるだろうと思っていますし、理解できないのなら、その基準にまで合わしてくることを求めます。

だからこちらは英語の名刺を用意しますが、向こうは英語の名刺であることに何ら不都合を感じないので、
日本語の名刺を用意するまでには至らないのが普通です。

その中で、日本語の名刺を用意している。これが調整力です。

これはまさに、シーソーでいうと、上から下へ近づくことであり、
上が下に合わせようとすることにつながります。

これは、外資系企業だけに限らず、
リーダーと社員、先生と生徒、親と子、
コーチとクライアントの関係でもよく起こります。

主体を取っている方は、無意識に自分にあわせさせようとするのです。

調整力を高めるためには、そうではなくて、まずは相手に合わせてみる。

何をすれば相手に合わせることになるのか

あなたにとって「名刺」になるものは何か、じっくり考えてみてください。

 

 

IMG_0068

おはようございます。稲垣陽子です。

先週は1週間、アメリカへ視察と研修に行ってきました。
目的は二つあり、

一つは、外資系のクライアント企業さんの
アメリカ本社を訪問し、交流してくること。
そして、アメリカ本社が採用しているコーチと会談をしてくることでした。

二つ目は、コーチングの世界的な組織である、
国際コーチ連盟のカンファレンスに参加してくることでした。

今日は、一つ目のコーチとの会談で気づいたことをお伝えします。

クライアント企業さんでは、
本社でコーチを雇っており、今まで一度も会ったことはなかったのですが、
一度コーチングの方針や方向性について会って話したいと思っていました。

今回、ようやく念願が叶ってお会いさせていただくこととなりました。

コーチはワターソンさんという男性で、年齢は正式にわかりませんが、70歳は優に超えていると思います。

オフィスは、オハイオ州の地方都市の中にあり、
日本の避暑地のようなおしゃれな店と広々とした公園がある、緑豊かな街の一角にありました。

まずオフィスに到着すると、すでに玄関口で待っていてくれて、
穏やかな口調で「よく来たね〜」とウェルカムをしてくれました。

そして、カタカナで自分の名前と会社名が書いてある、
日本語の名刺を渡してくれたのです!これにはすごく感動しました。

もちろん、日本と関係の深い仕事をしている方であれば、
欧米人で日本語の名刺を作っている人は多いと思います。

しかし、ワターソンさんは日系企業専属のコーチという訳ではありません。

活動はヨーロッパ、南米、オーストラリア、などグローバルに行っています。

また、私のクライアント企業もアメリカ主体であり、英語がスタンダードです。

英語を公用語とする人たちが集まっています。
実際に、本社のお会いした方の中で、日本語の名刺を持っている人は一人もいませんでした。

その中で、しかも外部のコーチがクライアントのために日本語の名刺を用意している。

その姿勢に私はとても感動したし、心を掴まれました!

アメリカと日本、本社と支社、という関係であれば、主体はアメリカであり、本社にあります。
主体側は自分の方に合わせさせようとするのが普通です。

多くの人は自分が基準だと思っています。
無意識ですが、自分たちが基準であるので、周りはそこまで理解できるだろうと思っていますし、理解できないのなら、その基準にまで合わしてくることを求めます。

だからこちらは英語の名刺を用意しますが、向こうは英語の名刺であることに何ら不都合を感じないので、
日本語の名刺を用意するまでには至らないのが普通です。

その中で、日本語の名刺を用意している。これが調整力です。

これはまさに、シーソーでいうと、上から下へ近づくことであり、
上が下に合わせようとすることにつながります。

これは、外資系企業だけに限らず、
リーダーと社員、先生と生徒、親と子、
コーチとクライアントの関係でもよく起こります。

主体を取っている方は、無意識に自分にあわせさせようとするのです。

調整力を高めるためには、そうではなくて、まずは相手に合わせてみる。

何をすれば相手に合わせることになるのか

あなたにとって「名刺」になるものは何か、じっくり考えてみてください。

 

 

IMG_0068

© 2016 Coaching Systems Inc.