• 052-265-7451
  • info@coaching-syst.co.jp
  • Mon - Fri: 9:00 - 18:00
共創を意識したチーム作りで、プロジェクトリーダーに!【共創コーチング実践例】
Share on facebook
Share on twitter
Share on email
〈受講生プロフィール〉
吉田茂樹
某大手電機メーカーで新規事業テーマのプロジェクトリーダーを担当。
以前より効果を認識していたコーチングに関して、スキルを習得してビジネスに活かしたいと思い、稲垣夫妻との出会いをきっかけに養成スクールに通い始める。
2018年2月、共創コーチングの資格を取得。習得した共創スキルをフルに活用し、多くの仲間を巻き込みながら新規事業創出の実現に向けて邁進中。

吉田茂樹さんが、共創コーチング5周年パーティーで実践事例を報告してくださいました。(スクロールしていくと動画があります)

吉田さんは、共創コーチングを学ぶ中で 「いろいろな人を巻き込んでプロジェクトを推進する」 というビジョンを描き、それを実現させました。

講座で学んだ、”聞く・質問・承認のスキル”、”シーソーの法則”、”人間関係の力学”。
プロジェクトを進めていく上で、この3つは特に意識しているそうです。

多くの人と同意をとってプロジェクトを進めていく上で、どんなことが役立ったのか?

吉田さんの務める会社で、1on1がかなりの時間をとって行われているのはなぜなのか?

本人が動画の中で語っています。

コーチ稲垣陽子より

 吉田くんは、内に秘めた情熱を持っている人です。共創コーチングをビジネスの場で活かすという目的を持ち、しっかり学んでくれました。当初は、仕事で上手くいかなかったり、迷ったりしているように見えましたが、講座の中でビジョンを語ることでやりたいことの方向性が固まっていったように感じました。他の参加者の好意的な応援も力になったのではないかと思います。
 ビジョンを持つとやらなければならないことが無数に出てきますが、多くの人はやらずに逃げてしまいます。でも、吉田くんは苦手なことや気が引けることも確実に行動に移していきました。上司にきちんと報告したり、プロジェクトに必要な人材を集めたりして、講座で学んだスキルを活かして周りの人と「共創」状態を作り出す努力をしていました。
 以前は、ビジネスで関わる人と良い関係をつくることができずに苦労することもあったようですが、今では自分の企画したプロジェクトが認められ、プロジェクトリーダーとして活躍しています。

8分ほどの短い動画ですので、ぜひご覧下さい。

 

Share on facebook
Share on twitter
Share on email
関連記事